素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要

カテゴリ

ヘッドライン

手頃なものなら1万円から

気象観測装置の設置場所は? 近年の技術の発達は…

READ MORE

個人でも購入できる気象観測装置

低価格で購入できる気象観測装置!自由研究課題に!…

READ MORE

気象観測装置は農業用のデータ記録計に転用可能!

気象観測装置というと屋外に設置し、温度、湿度、日照、雨量、風速計、風向を計測する用途を思い浮かべてしまいます。つまり、気象観測だけにしか使用しないと考えがちですが、近年販売される気象観測装置は農業用途として転用が可能です。しかも、農業用途として使用するのは、ビニールハウスといった屋内での用途です。
現在、気象観測装置は安価なものでもデジタル式になっており、データを記録する機能が備わっています。さらにWi-Fi通信に対応しスマートフォンと連動する機能を有するものもあります。つまり、ビニールハウス内の温度、湿度、日照を管理する記録計として用いることができ、設備投資費用も大幅に抑えられるといったメリットがあります。また、ビニールハウスの屋外に設置すれば、外側とのデータの差を分析することができ、ビニールハウス内の環境調整に役立てることも可能なだけでなく、強風時や台風などの接近を早い段階に知ることができ、農業被害の未然防止に役立てることも可能です。
これまで設備投資費用が高く手を出せなかったという方は、気象観測装置が流用できることを知っておいても損はありません。数十万円掛かる設備がたった数万円で購入でき、維持費用も抑えられるというメリットがあるため、気象観測装置は魅力的な存在です。

屋外に設置するからこそメンテナンスが重要!

気象観測装置は手頃な価格で購入ができ、しかも高性能なものを手に入れることが出来ます。しかし、屋外に設置するからこそ日頃のメンテナンスが重要であり、メンテナンスを怠ると正確な気象データが得られなくなるといった問題に繋がります。最近では、センサーを使用して小型ユニット化されたものがあるものの、汚れには注意が必要です。
先ず、昔ながらの気象観測装置の場合、屋根に取り付けることで紫外線による劣化や鳥害の影響を受けてしまいます。安価な気象観測装置の場合、外装色は白色でプラスチック製というものは少なくはありません。そのため、紫外線による影響を受けやすく、強風時に破損する可能性があります。万が一、落下してしまい周囲に影響を与えないよう定期的に外観を確認して安全管理を行う必要があります。また、鳥が止まりフンが付着するケースもあることから、定期的に清掃することも重要です。鳥のフンの影響により風向や風速データが得られないとった問題に繋がってしまいます。
また、小型で小さなユニットのものでも汚れの影響を受けてしまいます。その結果、日照計の測定結果に影響が出るため、金属製で小さなユニットタイプだからメンテナンスフリーと考えず、定期的に表面清掃を行うことがポイントです。

オススメコンテンツ

ピンポイントで天候の情報が収集できる

気象観測装置は個人でも気軽に購入できる ニュースで気象予報士が伝えてくれる天気予報は…

READ MORE

手頃なものなら1万円から

気象観測装置の設置場所は? 近年の技術の発達は著しく、気象観測装置も小型化が進み、個…

READ MORE

素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要

気象観測装置は農業用のデータ記録計に転用可能! 気象観測装置というと屋外に設置し、温…

READ MORE

個人でも購入できる気象観測装置

低価格で購入できる気象観測装置!自由研究課題に! 気象観測装置というと非常に高額なイ…

READ MORE

Copyright(C)2018 研究用から学習用まで気象観測装置をお求めならネットをチェック All Rights Reserved.