手頃なものなら1万円から

カテゴリ

ヘッドライン

素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要

気象観測装置は農業用のデータ記録計に転用可能! …

READ MORE

ピンポイントで天候の情報が収集できる

気象観測装置は個人でも気軽に購入できる ニュー…

READ MORE

気象観測装置の設置場所は?

近年の技術の発達は著しく、気象観測装置も小型化が進み、個人で買える値段のものも多くなりました。小型のものは室内や省スペースでも設置することが可能であり、いわゆる「天気予報」を自宅で簡単に行うことが出来ます。もちろん精度自体も非常に高くはなってはいますが、より高い精度を求めているのであれば、設置する場所にも気を付けるようにしましょう。
より正確な天気予報を行いたいのであれば、屋内でも利用できるような小型のものではなく、ある程度大型であり屋外に設置できるタイプのものをおすすめします。設置する場所は出来る限り水平であり、季節を問わず常に日向、あるいは日陰になる場所を選択すると季節や時間による変化のムラを減らすことが出来ます。強風等が吹いても倒れない様にするため、コンクリート等でしっかりと固定を行うのが良いでしょう。
一般的には雨量を計るのであれば1.5メートル程度の高さが良いと言われていますが、風量をメインで計るのであれば5メートル程度の高さが望ましいです。その場合も、周囲に雨や風を防いでしまう障害物がないか確認しましょう。また、何のために気象観測装置を設置するかの用途によっても設置に適する場所は変わります。一般用や農業用等、より精度を高める為にも、気象観測装置は観測に適した場所に設置を行いたいですね。

気象観測装置を設置して天気を予測してみよう

気象観測装置は自分で天気を調べて予測することができる優れた装置です。ほとんどの方がTVやネットの天気予報を見て天気を確認されると思いますが、それを自分一人で調べて把握することができるのです。もちろん、今の時点で100%天気を的中させるというのは不可能ですが、過去のお天気データと比較しながら天候の変化をあらかじめ予測することができるので、旅行やレジャーなど、お出掛けされる方には大変便利なシステムかも知れません。
さて、そんな気象観測装置ですが、最近ではわりと身近なものになってきているのをご存知でしょうか?子供達の自由研究にも役立っているのが凄いところです。なんだか複雑で使い方も難しそう…と思われがちですが、コンパクトなのに多機能な手軽に使用出来るものもあるのです。
インターネットで購入する場合、価格は3万~4万円で本格的な装置を購入することが可能です。もっとお手軽な物であれば1万円ほどで買える装置もあります。設置も自分で出来るものがほとんどですから、気楽に購入できることかと思います。自分で天気予報を予測する為の入門として少しでも興味を持たれたら、まずは簡易的な装置を購入することから始めてみるのも良いかも知れませんね。

オススメコンテンツ

ピンポイントで天候の情報が収集できる

気象観測装置は個人でも気軽に購入できる ニュースで気象予報士が伝えてくれる天気予報は…

READ MORE

手頃なものなら1万円から

気象観測装置の設置場所は? 近年の技術の発達は著しく、気象観測装置も小型化が進み、個…

READ MORE

素材に関わらず定期的なメンテナンスが必要

気象観測装置は農業用のデータ記録計に転用可能! 気象観測装置というと屋外に設置し、温…

READ MORE

個人でも購入できる気象観測装置

低価格で購入できる気象観測装置!自由研究課題に! 気象観測装置というと非常に高額なイ…

READ MORE

Copyright(C)2018 研究用から学習用まで気象観測装置をお求めならネットをチェック All Rights Reserved.